成婚率 計算方法

成婚率ってどうやって計算するの?

結婚相談所や結婚情報サービスなどのサイトに、「成婚率」という数字が出てきます。結婚相談所等の半分くらいが、成婚率を公表しています。成婚率の数字があることで、より出会いの信頼性が増す・・・結婚できる数字という感じがして、非常にクリアな気がします。成婚率の出し方、非常に気になります。

実は、成婚率というのは、結婚サイトや結婚相談所によって出し方が違います。各社ともに独自の計算方法で行う場合が多いです。ですから、成婚率の各社比較を行おうとしても、実際にできない、正しくないということになります。

一般的に成婚率の計算は、
成婚退会者÷総退会者という計算によって算出されることが多いといわれています。
この計算方法の場合、結婚相談所等を退会する方の中での、成婚者の割合ということになります。退会せず会員期間延長した場合や入会してそのまま何もしていない会員の方は、数字に反映されていません。ただ、成婚している人が、退会する会員数の中でも割合が大きいということは、それだけ出会いの数も多く、結婚する道が実際に多くある証拠だといえます。

大手結婚相談所による成婚率なのか、それとも小さい結婚相談所による成婚率なのかということでも、成婚率の数字は変わってきますし、その結婚相談所等の成婚率の計算の仕方によってはかなり数字が違ってきますし、意味合いも違います。どうやって数字を出しているのか、調べてみることが必要ですね。